【アパレル】家族経営の中小企業はブラック?優良企業を見抜く5つのポイント

優良家族経営企業を見抜く方法

働きたいと思った会社が家族経営だったらどうしますか?

なんとなく家族経営って不安になってしまう人もいると思います。

大手企業と違って中小企業は、企業の口コミサイトに情報がなかったり、十分でなかったりします。

そのため自分自身でその会社が良い会社なのか、そうでないのかを見抜かなければなりません。

こちらの記事では、10年の社会人経験をもとに、優良な家族経営の中小企業を見抜く方法をまとめてみました。

まず大前提としてアパレル業界は、そもそも儲からない業種のため、お給料が低くブラックな労働環境になりがちです。

アパレルで働く場合は、お給料の低さを認識しておく必要があります。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

関連:アパレル業界のお給料が低い理由。なぜ安い?対策は?

スポンサーリンク

優良企業を見抜く5つのポイント

家族経営と言っても様々で、2代目・3代目と続いている古い会社もあれば、まだ若い会社もあります。

それぞれの傾向をふまえつつまとめました。

(1) ハローワークは分かりやすい

地元の古くからある企業はハローワークを利用する傾向があります。

ハローワークを利用する主な理由として考えられるのは、昔からずっと使っている、求人募集するにあたって費用をかけたくない(ハローワークは掲載が無料)、経営者の年齢が高く求人サイトについて理解がない、30代以上の年齢層が高めの人材を募集しているといった印象を受けます。

ハローワークでは人気がない求人が分かりやすいです。

求人情報はネットでも閲覧できますが、ハローワークへ行った方がより多くの求人情報を閲覧できます。

ハローワークへ週2回の頻度で2週間ぐらい通うと「この求人まだ残ってる」というのがよくあります。

人気がない企業の求人はいつまでも残っています。

このような求人は従業員の離職率が高く入れ替わりが激しい可能性があります。

いい求人はあっという間になくなりますからね。

ハローワークで求人募集をする企業側のデメリットとして、管轄エリアの人が閲覧者となるため、優秀な人材が集まらない傾向にあります。

これから一緒に働く人たちなので、会社がいい人材を採用している・採用しようとしているかは非常に重要です。

有名求人サイトに掲載する場合は、何十万と掲載料がかかりますが、ハローワークより広い地域の人が閲覧できるので、良い人材に出会えるチャンスが広がります。

掲載費がかからないという理由でハローワークを利用している場合は、会社の経営が厳しいケースがあり、サービス残業をさせるなどブラックな環境だったり、誰でもいいから安く働いてくれる人を募集している可能性があるので注意が必要です。

良い人材を確保したい会社は人材への投資を惜しみません。

関連:アパレルの採用情報でチェックすべき3つのポイント【転職後のギャップ】

(2) 数多くの求人サイトに掲載している

比較的新しい企業や経営者の年齢が若い場合は求人サイトを利用します。

ここで注目するポイントは、無料または格安で掲載できるサイトに複数掲載している場合は注意が必要です。

大手求人サイトは掲載料が高いことから、知名度が低い複数の求人サイトで掲載するため、応募者を必死で集めなければなりません。

求人募集する企業の規模が小さかったり知名度が低い場合は、有名企業が多く掲載されている大手求人サイトだと見劣りして不利になってしまうので、しょうがない面もありますが、大手求人サイトに掲載している会社がおすすめです。

優良企業は1つの求人サイトで募集すれば人は集まります。

(3) 会社のHPを確認する

気になる会社があったら、その会社のホームページを確認します。

ホームページはくまなく全部チェックすることをおすすめします。

その中でも必ずチェックしておきたいのが以下の3点です。

  • 経営者や社員の画像
  • 会社概要や会社の歴史
  • SNSやブログ

ネット上に自分の画像をあげることに抵抗がある人が多いため、経営者や社員の画像は、掲載されていないことがあります。

画像を掲載している会社は、求職者・取引先・お客様などを安心させるために掲載してくれている良い会社です。

これから一緒に働くかもしれない人たちなので画像は非常に重要です。

写っている人たちの顔の表情や着ている洋服、雰囲気から自分との相性を探ることができます。

画像がない場合は、経営者の名前や会社名でググってみるとヒットする可能性があります。

会社概要や会社の歴史は、古くから続いている会社なのか、新しい会社なのかを確認します。

古い会社だと、働いている人の年齢が高かったり、アナログな職場という可能性があります。

その他、SNS・ブログ・YouTube、インタビュー記事などがあるかチェックします。

新しい会社の場合、SNSやブログをやっているところがあり、会社のノリや社内イベントなどを知ることができます。

インタビュー記事では顔写真が載っているところがあるのと、どのような考えをされているかということが分かります。

(4) 「アットホームな職場」をアピール

アットホームな職場の全てが悪いとは言いませんが注意したいポイントです。

求人サイトで頻繁に募集をしている場合は、なかなか応募がないか、社員が定着していない可能性があります。

会社のブログやSNSなどで社員のことを「この子」とか言っていたら、その会社は考えた方がよさそうです。

求人票では、企業がどのような人材を求めているか具体的に記載し、良い人材を採用しようとしているかを見ることが重要です。

採用情報でチェックするポイントについては、以下のリンクより詳しく案内しているのでチェックしてみてください。

関連:アパレルの採用情報でチェックすべき3つのポイント【転職後のギャップ】

(5) 会社に高級車があるかチェック

できれば会社の駐車場に高級車があるかチェックすることをおすすめします。

理由は経営者が公私の区別をせず経費で落としているケースがあるからです。

社長のプライベートの車にも関わらず会社の経費だったら、社員は「社長が贅沢をするために働かされている」と感じてしまうのです。

実際、経費で落としているか確認することはできませんが、高級車があった場合は注意しておいた方がいいですよ。

経営者が年齢や立場に相応しいものを所有することは問題ありません。

問題なのは社員のモチベーションを下げていることに気づいていないところです。

社員が働きやすい環境を経営者が意識して作っているかというのは、家族経営の企業にとって非常に重要なことなのです。

アパレル転職で登録しておきたいサイト

アパレル転職に役立つサイトは、スマホから簡単に無料登録できます。

登録にかかる時間は、早いもので1分、長いものでも5分です。

今すぐリンクをタップして公式サイトから申し込んでみてください。

圧倒的な求人数で転職者の8割が利用!【リクナビNEXT】:地域・職種問わず求人情報が豊富。約85%がリクナビNEXT限定求人です。転職するならまずはここに登録しておきましょう。

アパレル経験を活かせる求人多数!【クリーデンス】::「doda」や「an」と同じパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営しているアパレル・ファッション業界へ特化した転職サイト。人気ブランドへ転職したい人はぜひ登録を。

【iDA】ファッション・コスメ業界専門 転職・紹介・派遣:全国の外資系高級ブランドの求人が充実しているファッション業界特化型の転職サイト。求人数は10,000件以上と多く、「職業紹介優良事業者」に認定されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)