中小企業の採用情報でチェックすべき2つのポイント【転職後のギャップ】

入社後にギャップを感じたことがある転職経験者は多いのではないでしょうか。

このミスマッチは、会社にとっても転職者にとっても不幸をもたらします。

会社のことは入ってからでないと分からないことが多く、入社前に知ることは簡単ではありません。

転職後に後悔しないために採用情報から読み取るポイントについてまとめました。

日本企業の99.7%が中小企業ということで、今回は中小企業にフォーカスしたチェックポイントになります。

スポンサーリンク

なぜミスマッチが起こるのか

ギャップが生じてしまう可能性としてあげられるのは以下の2点です。

  1. 企業側が良く見せようとしている
  2. どのような人材を求めているか具体的に提示していない

「1」の場合は、入社前と条件が一致していなかったり、入社後に態度が急変したりすることがあります。

対策としては面接の際に質問をしたりコミュニケーションをすることで、信頼できる相手であるかを確認する必要がありますが、これを見抜くのは非常に難しいです。

そこで、「2」の採用情報から企業を見抜く方法をオススメします。

採用情報でチェックすべき2つのポイント

求める人物像

企業のホームページや転職情報サイトなどに、企業側がどのような人材を求めているか具体的な記載があるかを確認しましょう。

例えば、以下の2種類の場合だとどっちがいいでしょうか?

  • 販売員
  • 販売員(明るく前向きで、当社の製品に興味がある人)

答えは「後者」です。

後者は、企業がしっかり人を見て選ぼうとしています。

イメージしてみてください。

あなたのオリジナルブランドの洋服を販売する店舗スタッフを雇う場合、「あなたの洋服のファンだから働きたい人」と「家から近くて通いやすいから働きたい人」のどちらを雇いますか?

多くの人は「前者」を選ぶと思います。

企業側が採用する際にできるだけミスマッチが起こらないよう、求めている人物像をしっかり伝えているかというのは重要なポイントです。

「人間性」と「スキル」

企業は、「人間性」と「スキル」のどちらを重視した採用を行なっているかを知ることも重要です。

人間性の場合は、「未経験でも大歓迎」とか、「スキルがなくても習得したいという意欲がある方なら大歓迎」といったように、スキルを求めていません。

もちろん、スキルがあれば尚大歓迎ですが、人間性とスキルの両方を兼ね備えた人は多くありません。

そこで、企業は「人間性」と「スキル」のどちらかを重視し採用します。

人間性を変えることは不可能ですが、スキルを伸ばすことは可能です。

素直で真面目な人であれば、本人の努力次第でスキルは伸びる可能性があります。

「スキルはあるけど人間性に問題がある人」よりも「スキルはなくても人間性がいい人」を選んでいる会社の方が、入社後の人間関係を良好に保つことができます。

まとめ

転職してダメだったら半年で辞めてまた転職することも可能ですが、できたら避けたいですよね。

辞めた理由が企業側に問題があった場合でも、頻繁に転職を繰り返していると次の転職先に影響を与えてしまう可能性があります。

まずは第一ステップの採用情報でしっかりと見極め手から面接に挑み、必要な転職だけを行うことを目指しましょう。

今回は、採用情報から見極めるポイントをまとめましたが、併せて利用したいのが「10万件の企業口コミ。キャリコネ」です。

転職にはリスクが伴います。

転職を考えている人はもちろんのこと、まだすぐに転職するつもりはない人も、他の会社のお給料や職場環境などを知ることで、後悔しない転職ができるか慎重に選びましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)