アパレル販売員としていつまで働ける?将来の不安や転職について

アパレル販売員は、年をとったらどうなるんだろうと考えたことはありませんか。

結論から言うと、何歳になっても販売員として働くことは可能です。

ただし年齢にあったブランドに転職する必要があります。

スポンサーリンク

ブランドごとに対象年齢がある

アパレルブランドには、ターゲットにしている年齢があります。

例えば、ギャル向けファッションの場合、販売員の年齢が落ち着いた30歳の大人の女性だと違和感を感じますよね。

もちろん30代だろうが40代になろうがギャルであることは自由ですし、40代のギャル店員がいるということで注目を集める可能性もあります。

ただ一般論として、それぞれのアパレルブランドは、ターゲットとなる対象年齢やライフスタイルなどを想定し洋服のデザインや価格帯を決めていたり、アパレルブランドの多くは、販売員に自社ブランドの着用を義務付けていることが多いです。

同じアパレルブランドでずっと働きたいと思っていても、年齢を重ねるにつれ洋服の好みや系統が変わることはよくあります。

なので転職することは自然なことなのです。

アパレルは意外と肉体労働

アパレル販売員は立っている時間が長いですよね。

年齢を重ねるにつれ立ち仕事はきつくなってきます。

ショップに立っていらっしゃる販売員さんを見ると、お客さんがいないときは優雅にのんびり過ごしているように見えるかもしれませんが、商品の搬入や品出しなど、意外と肉体労働だったりします。

ずっとアパレル販売員として働きたいと思っていても、立ち仕事や力仕事がキツく事務職へ転職するケースもあります。

転職先の選び方

転職をする場合は、自分に合った会社に入ることが重要です。

こちらではタイプ別に転職先をまとめてみました。

販売員を続けたい人は「外資系高級ブランド」

20代後半で転職を考えているなら、ラグジュアリーブランドにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お客さんのグレードが上がり、普段の生活では知り合えないような人の話は非常に興味深いものです。

人間関係に疲れた人は「一人で店番」

職場の人間関係に疲れた人は、一人で店番ができる店舗はいかがでしょうか。

デパートやショッピングセンター内の店舗より路面店の方がお客様の目もなく働けます。

取り扱っている商品の価格が高いと、お客さんの来店も頻繁ではありません。

立ち仕事が辛い人は「バッグヤード業務」

ブランドによっては接客なしの裏方業務を募集しているところがあります。

業務内容は、パソコンのデータ入力から在庫管理、納品作業など様々です。

立ち仕事に疲れた人や、困ったお客さんの対応で接客が怖くなった人に向いています。

ファッションに特化した転職サイト

転職サイトを利用するメリットとして、担当者から業界の様々な情報を得ることができたり、年収アップのサポート、履歴書や面接対応などのサポートを受けられる点です。

転職には不安がつきものです。ひとりで悩んだり考えるよりも心強いですよ。

アパレル経験を活かせる求人多数!【クリーデンス】:アパレル・ファッション業界へ転職したい人はまずはここに登録を。正社員・契約社員の求人が中心

アパレルの求人・転職なら【ファッショーネ】!!:モールやデパート系ブランドの求人が中心で、非公開求人や正社員案件が多い

【iDA】アパレル業界の求人・転職なら!:全国の外資系高級ブランドをはじめとする人気ブランドの求人が充実

関連記事

ZOZOTOWNは転職先としてどう?標準的な人が働きやすいホワイト企業【アパレル企業研究】

ユニクロは働きやすい?総合職は標準的な日本人には向かない【アパレル企業研究】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)