【メンズ】夏の脇汗対策。素材・柄・インナーで工夫して乗り切る!

夏、人と会う時に気になるのが汗。

脇汗の汗染みが気になって、この時期人と会うのが億劫になってしまう人もいるのでは?

こちらの記事では、素材・柄・インナーなどを工夫した脇汗対策をご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ素材はコットン

コットンの特徴は、夏は涼しく冬は暖かさをもたらしてくれる素材です。

夏は速乾性のある機能性アイテムが人気ですが、ポリエステルやレーヨンなどが使われていて着心地が悪いと感じる人もいると思います。

コットンは肌触りがよく着ている人を快適にしてくれ、周囲の人に対しても暑苦しさを与えず清涼感を演出してくれます。

「ポロシャツ」は汗をかいても肌にくっつきにくい

夏の定番「ポロシャツ」。

ポロシャツは綿100%で、生地がデコボコしているため、少々汗をかいてもTシャツのように生地が肌にペタッとくっつきません。

選ぶ時のポイントは、無地のポロシャツではなく、胸元にワンポイントあるポロシャツを選ぶことです。

無地だと視線が散乱してしまいますが、ポイントがあることで脇から視線をそらしてくれる効果が期待できます。

グレー系は汗染みが目立ちやすいので、定番カラーならブラックがオススメです。

襟付きなのでカジュアルな中にもキチント感があり、周りの人に好印象を与えてくれます。

サイズの選び方ですが、ピッタリサイズを選んでしまうと脇の部分にゆとりがなく、汗染みが目立ってしまうので、脇の部分を風通しよくするために1サイズまたは2サイズアップして気持ちゆとりのあるサイズを選ぶのをオススメします。

ビッグシルエットが流行っているのでポロシャツもゆったり目で!

「シャツ」は柄で視線をそらす

シャツはギンガムチェックやストライプなどの柄で視線をそらすのがオススメ。

素材はもちろん綿100%です。

柄を選ぶときのポイントは、大きな柄よりも小さな柄を選ぶことで脇汗が目立ちにくくなります。

ギンガムチェックだとイギリスブランドのフレッドペリー、ストライプ柄だとアメリカブランドのラルフローレンがオススメです。

サイズの選び方はポロシャツと同じようにピッタリではなく気持ちゆとりがあるものを選びます。

ダボダボすぎるとだらしない印象になってしまうので「程よいゆとり」がポイントです。

脇のところの生地が脇に触れないぐらいゆとりがあるかチェックすることをオススメします。

柄シャツの場合も胸元のポイントは視線をそらす効果として重要です。

脇汗パット付インナー

icon icon

レビューで高評価が多いセシールの「4層脇汗パット付メンズインナー icon」。

速乾機能があるので、汗を吸収してもアウターに響きにくくなっています。

脇汗をガードするために脇にパットが付いているので、慣れない最初は違和感を感じたり、脇にピッタリフィットする仕様になっているので、着心地が気になったりするかもしれませんが、何もしないよりは安心感があります。

デオドラント製品やサプリで脇汗対策

脇汗対策として取り入れたいデオドラント製品。

今までは脇に塗るデオドラント製品が中心でしたが、ここ数年、汗や臭いケア用のサプリが増えてきました。

外側からはデオドラント製品で、内側からはサプリのダブルで対策できるようになりました。

デオドラント製品は同じ商品でも合う人と合わない人がいます。

大変だな・・と思われるかもしれませんが、いろいろなデオドラント製品を試して自分にあった商品を見つけることが必要です。

伸びのよいマイクロクリーム【薬用ネオテクト】:楽天で売上ランキングNo.1を受賞した実績がある人気商品。ワキ・足・首元など全身に使えます。

わきが専用ジェル【Lapomine(ラポマイン)】:モンドセレクション3年連続受賞したクリーム。Amazonアカウントを使って簡単に注文できます。

デオドラントジェル【Sinai(シナイ)】:殺菌力99%のデオドラントジェル。全額返金保証付です。

関連記事

洋服売るならどの宅配買取サービスがいい?各社ポイントまとめ【随時更新】

ノーブランド服(子供/大人)を売れる宅配買取サービスまとめ【随時更新】

何でも買い取ってくれる宅配買取サービスまとめ【随時更新】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)