外国人男性との恋愛で気をつける点と日本国内で出会える安全なアプリ

外国人男性はレディーファーストしてお姫様扱いをしてくれる!

そんな外国人男性と結婚したいと夢見ている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に外国人と出会った時に舞い上がってしまい、判断を狂わせてしまうことがあります。

今回は、外国人男性と付き合う前に確認しておきたいことと、日本国内で外国人と出会える安全なアプリについてまとめました。

スポンサーリンク

その外国人男性は大丈夫?

知り合った外国人男性の職業を確認しましょう。

日本での仕事はもちろんのこと、母国での職歴、将来プランを聞いておくことをオススメします。

例えば、母国でアルバイトの経験しかなかった場合や大学を卒業していなかった場合は、仕事を見つけるのが難しかったり、仕事を選べなかったり、生活が厳しくなる可能性が高いです。

中には経済的余裕がなく、女性が生活の面倒をみたり、貢いだり、苦労していらっしゃる方がいます。

探しているのは貢ぐ相手ではなく、真剣にお付き合いできる相手です。

レディーファーストしてくれて優しいからといって舞い上がらず、相手のことをしっかり知ることが重要です。

意外と知らない国際結婚の生活費問題

意外と知られていない国際結婚した夫婦の生活費についてです。

日本と海外(今回は欧米)では、考え方に大きな違いがあります。

お金に関しては、しっかり話し合っておかないと、のちのち揉める原因になります。

日本でも共働きが増えてきましたが、欧米では専業主婦の存在が日本に比べるとかなり低いです。

結婚後、専業主婦になりたい場合は、そのことについて話し合っておくことをオススメします。

家計の管理については、日本のように妻が管理し、夫はお小遣い制というのは一般的ではありません。

(日本でも共働き夫婦が増え、別々で管理しているご家庭もあると思いますが)

欧米では、女性も働いている人が多いことから、生活費を折半している夫婦が多いです。

イメージとしては、生活費は夫婦連名の共同口座に入れ、残りはそれぞれの口座で貯蓄するといった感じです。

なので、どちらか一方がお金の管理をするのではなく、別家計だったり、夫婦一緒に管理することになります。

妻が仕事を辞めたり収入が途絶えた場合、相手は自分を養ってくれるのかというのも確認しておくことをオススメします。

人によっては、収入がない場合でも生活費の負担を求めてくる人もいます。

もちろん国によって家庭によってお金の管理の仕方は様々ですが、外国人男性はレディーファーストしてくれて優しくて何でもしてくれるイメージとは違った現実があります。

レディーファーストはしてくれなくても、一生懸命働いたお給料を奥さんに全額渡してくれる日本人男性のすごさを改めて感じる人も多いと思いますよ。

国内で外国人に出会える安全なアプリ「Omiai」

【Omiai -オミアイ-】は、日本にいる外国人との出会いを真剣に探している人のための恋活マッチングアプリです。

マッチングアプリというと「出会い系」というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、Omiaiは違います。

Omiaiは岡山県と組んで婚活パーティーを開催した実績があります。

24時間365日、監視体制を整え不審なユーザーをチェックしています。

身近で外国人男性に出会えるチャンスがない人は、Omiaiのマッチングアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

Omiai公式サイトはこちら

https://fb.omiai-jp.com/pub/omiailp/m1.html

外国人と出会える婚活パーティー「エクシオ」

エクシオ】は、外国人男性と出会える婚活パーティーを開催しています。

フジテレビ「幸せトリガー研究所」で、エクシオの婚活パーティーが取り上げられた実績があったり、地方自治体とコラボの婚活パーティーを開催するなど安心して利用できます。

エクシオのパーティーの特徴は、年代別パーティーの他に「 大卒かつ年収600万以上」「1人参加限定」「ぽっちゃり女性限定」「婚活+趣味」といったように工夫されていて、自分の興味や趣味にあったパーティーに参加できます。

関連記事

眞子さまの婚約延期にみる結婚相手の身辺調査を行う重要性

お見合い結婚と恋愛結婚はどっちがいい?眞子さまと絢子さんのケースで比較

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)