【レビュー】バーツビーズ(Burt’s Bees)ハンドクリームを使った感想【バナナ・アーモンド&ミルク】

バーツビーズ のハンドクリーム

2014年8月に日本市場から撤退していましたが2015年10月に日本再上陸したアメリカのナチュラル系コスメブランド「バーツビーズ(Burt’s Bees)」。

バーツビーズの中でもハンドクリームとリップクリームが特に気に入っていて使い続けています。

リップクリームのレビューは以下のリンクからご覧いただけます。

関連:今まで使ったバーツビーズ(Burt’s Bees)のリップをまとめてみた【レビュー】

ハンドクリームはボトルに入っているので重みがあり携帯には向きませんが自宅で使うのにオススメです。

オシャレなボトルはテンションが上がりますよ。

今回は「バナナハンドクリーム」と「アーモンド&ミルクハンドクリーム」の使用感レビューをします。

スポンサーリンク

バーツビーズ(Burt’s Bees)のハンドクリーム

購入しやすい価格なので自分用にはもちろんのこと、ちょっとしたプレゼントにもオススメです。

バナナ

バーツビーズ バナナハンドクリーム

バナナのハンドクリームって珍しいですよね。

厚みのあるしっかりしたビンの容器に入っています。

ボトルのサイズは直径5CM 高さ5CMぐらいの大きさでたっぷり入っています。

バーツビーズ

フタを開けるとバナナの甘い香りが広がります。

お風呂上がりに使うと体が温まっているのでクリームがじわ〜と溶けて伸びがよく肌に馴染みやすいです。

丁寧に手に馴染ませるとしっかりコーティングしてくれていると感じます。

つけ心地は一般的なチューブタイプのハンドクリームに比べると重たい感じがしますが、塗った後のベタつきはほとんど気になりません。

手を水で洗ったとき一般的なハンドクリームだと落ちてしまいますが、このハンドクリームは落ちることなく、膜のように手を覆ってくれているように感じます。

手だけでなく目の周りやかかとにも使っています。

アーモンド&ミルク

バーツビーズのアーモンド&ミルクハンドクリーム

容器からミルク感を感じるアーモンド&ミルクのハンドクリーム。

バーツビーズのアーモンド&ミルクハンドクリーム

フタを開けて鼻を近づけてにおいをかぐとツーンとしたなんだか酸っぱいニオイ!

これは失敗だったかも・・と思いながらハンドクリームを手に塗った後、手の香りをかぐと甘い杏仁豆腐のような香りがするのです!

こんなに香りが変わるなんて不思議です。

つけ心地はバナナハンドクリームと同じで、ハンドクリームを手に塗った後、1分ぐらい経つとベタつきが気にならなくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)