Amazonを装った末尾「.co」は偽サイト【フィッシング詐欺】

今朝のフジテレビ「とくダネ!」でAmazonをかたるフィッシングサイトやフィッシングメールについて注意を呼びかけていました。

フィッシング (Phishing) とは、金融機関 (銀行やクレジットカード会社) などを装った電子メールを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です。電子メールのリンクから偽サイト (フィッシングサイト) に誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われています。

https://www.antiphishing.jp/consumer/abt_phishing.html

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

「.co」ドメインは偽サイト

アマゾン偽サイト

Amazonの正しいURLの末尾は「.co.jp」ですが、偽物は「.co」となっています。

スマートフォンのブラウザでURLがすべて表示されていない場合、偽物と気づかないで利用してしまう危険があるので注意が必要です。偽サイトは本物そっくりに出来ているので一見しただけで判別するのは極めて困難かと思われます。

フィッシングサイトの見分け方

フィッシングサイトの見分け

  • ログイン画面や個人情報を入力する画面に「鍵マーク」があるか
  • SSLで暗号化された画面はアドレスバーのURLが「https://~」となっているか
  • アドレスバーがグリーンになっているか
  • 「https://~」に続くアドレスは正しいか

なりすましメールにも注意

注意が必要なのは偽サイトだけではありません。Amazonを装った詐欺メール(フィッシングメール)が届く場合もあります。

詐欺メールの内容は主に注文していない商品の注文確認をしてきたり、Amazonのアカウントに登録した名前やパスワード、その他個人情報を求めたり、支払い情報の更新を求めてきますが絶対に入力してはいけません。また、メール内のリンクを安易にクリックしないようにしましょう。

アマゾン偽サイト

Amazonのサイトでも注意を促しています。送信元のメールアドレスがAmazonのものであるか確認しましょう。

参考:Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について

フィッシング被害にあってしまったら

もしもの時に慌てなくてもすむように対処法を知っておくことが重要です。

クレジットカードの情報を入力してしまった場合

速やかにクレジットカード会社へ連絡しましょう。

IDやパスワードを入力してしまった場合

本物のサイトにアクセスしパスワードを変更します。他のサイトでも同じID・パスワードを利用している場合は、それらすべてを速やかに変更しましょう。(パスワードの使い回しはしないようにしましょう。)

不安で相談したい場合

「フィッシング 110 番」という警察のサイバー犯罪相談窓口で相談することができます。居住する地区別で相談窓口が異なります。(手作り感満載のサイトですが、あやしいサイトではありません。)

● 公式サイトはこちら:フィッシィング110番

見た目だけでは判断できない

本物と見分けがつかない偽サイトだと気づかず使ってしまう可能性が高いです。

自分が利用するすべてのサイトのアドレスを覚えるのは不可能ですが、ショッピングサイトや銀行など重要な個人情報を入力するサイトのアドレスは記憶しておき利用時に確認するだけでも予防できると思います。

フィッシングに関する情報は

フィッシング対策業議会https://www.antiphishing.jp/

「フィッシング対策協議会」というサイトでは、フィッシングに関しての最新情報や対策など紹介されています。

***

新しいタイプの詐欺やより巧妙な詐欺が次々とでてきます。万が一のときのために日頃からフィッシング詐欺情報を気に留めておくことが大事ですね。

フィッシング詐欺や偽サイトに関する記事はこちら

またAmazonの偽サイトが出現!今度は「amazon-co-jp.pw」に注意

中国系 偽サイトに注意!気をつけたい本物そっくりサイト

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加