LINEで配達日時が変更できる!ヤマト運輸がLINEと連携 – ますます便利に!

ヤマト運輸これからは、LINEで宅急便!

ヤマト運輸は、2016年1月19日よりコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」と連携し「お届け予定メッセージ」や「不在連絡メッセージ」、荷物問い合わせなどの各機能の提供を開始すると発表がありました。

利用者の多いLINEを通して荷物の配達予定通知や不在通知がLINEで受け取ることができるだけでなく受取日時の変更もLINEで簡単にできるのでとっても便利!

利用料などは一切かからず無料で利用できます。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

「LINE(ライン)」できること

  1. 「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」
  2. 荷物問い合わせ
  3. 集荷の依頼
  4. 再配達の依頼
  5. 料金・お届け日の検索

利用手順

LINEサービスを利用するには「クロネコメンバーズ」の登録(無料)が必要になります。

クロネコメンバーズ登録済みの方とそうでない方は少し手順が異なります。

【2016年3月29日追記】

2016年3月24日より以下のアカウントからクロネコメンバーズにログイン出来るようになりました!

  • Amazonアカウント
  • Yahoo!JAPAN ID

詳細はこちらから

PCサイト
http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/idrenkei_off.html?mid=1603_150_PC1

スマホサイト
http://www.kuronekoyamato.co.jp/smp/webservice_guide/idrenkei_off.html?mid=1603_150_PC6

【追記ここまで】

クロネコメンバーズ登録済みの場合

ヤマト運輸

  1. 「ヤマト運輸 LINE公式アカウント」と友だち登録をする。
  2. クロネコIDとLINEを連携させる。

クロネコメンバーズ未登録の場合

ヤマト運輸

  1. 「ヤマト運輸 LINE公式アカウント」と友だち登録をする。
  2. ヤマト運輸 LINE公式アカウントのアカウント連携連携画面からクロネコメンバーズの登録をする
  3. クロネコIDとLINEを連携させる。

今後予定されているサービス

「LINE」を利用したサービスを今後ますます拡充していく予定とのこと。

LINEで簡単に送り状を作成できるようにしたり、作成した送り状をヤマト運輸の直営店やコンビニエンスストアの店頭端末、集荷するセールスドライバーが持つ端末などから印字できるようにし、ユーザーがストレスなく宅急便を利用できる環境を提供していくそうです。

再配達を減らして受領をスムーズに

宅配便の2割が再配達になっています。

運送会社がLINEと連携することで受け取る側は新たなアプリをダウンロードする必要なく普段使っているLINEで配達予定日の変更が簡単にできるので受領がスムーズに行えますね。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加