【スタバ福袋騒動】先頭グループが108個すべて買い占め⇒転売するも赤字確定か

スタバ福袋買い占め2016

年明け早々ネットを賑わせていたスターバックスの福袋買い占め騒動。

昨日辺りからテレビでも取り上げられ騒ぎが大きくなりました。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

何が起こったのか?

問題となった買い占め騒動は「スターバックス 二子玉川ライズドッグウッドプラザ店」が2016年1月2日に販売を開始した福袋で起こりました。

店は大小2種類の福袋108個を用意。価格は、大が6,000円、小が3,500円(税込)。

店頭には朝早くから福袋目当ての長い列ができていたのですが、スターバックス側は個数制限を行っていなかったため先頭にいた5人組が108個の福袋すべてを買い占めてしまったのです。

朝早くから並んでいた人がツイート

買い占めという事態が発生し並んでいた人がツイッターに投稿、ネットで話題に。

スタバ福袋買い占め2016

スタバ福袋買い占め2016

スタバ福袋買い占め2016

問題となっているのは主に以下の2点

買い占めた5人組のモラル

福袋目当てで店頭には列ができていたにもかかわらず、個数制限がないからといって買い占めた人たちへの非難。

彼らは列の先頭にレジャー用のイスを置いただけで自分たちは店舗近くにとめた車の中で待機。

オープン前に車から列の先頭へ戻り買い占めるという始末。

個数制限を設けていなかったスターバックスの対応

スターバックスの福袋は全国各店舗でそれぞれ一定数を用意し販売されています。

店舗によっては並ばないと入手できないところもある人気の福袋にも関わらず個数制限がなかったことに批判が続出。

スターバックスは「イレギュラーな事態で購入できなかったお客様には謝罪するとともに、出来る限りの対応に努めております」とコメントを発表しましたが、人気福袋であれば転売されることは予測可能で、未然に防ぐことは出来たのではとの声が上がっています。

ネットの反応

「たとえ個数制限無くても今ここでこれを全部売ったら問題が起きるとか思わないのかね?」

「昔バイトしてた事がありますが、企画がザックリしていて、悪用する人の対策をとっていないと思う事が多かったです。人間の良心に頼り過ぎてると思います。」

「スタバはすきだけど この、問題の店舗は行きたくない 制限なくても、常識的に駄目でしょう」

「なんで機転が効かないかな。買い占めとなるような個数は売れませんと言えばいいだけじゃない。お客様は神様の時代じゃないよ。残念ながら店が客を選んでいい社会です。」

「臨機応変にって、物凄い他人事。実際に全部買うって言った客に、ダメですって対応できる人間ってどれくらいいるのでしょうか?その場に責任者がいなかったら、あなたは言えますか?」

買い占めを行った5人組の特定も

この騒動を受けネット上では犯人特定作業が始まりましたが、犯人がInstagramでレジでの会計の様子や店内で撮ったと思われる大量の福袋の画像を投稿していたため発見されました。

スタバ福袋買い占め事件、犯人がInstagramで自慢していたため特定完了

ヤフオク!に出品するも赤字確定か

5人組が出品したヤフオク!のアカウントが発見されたため「いたずら入札」が相次ぎ高値で売れず困っている模様。

スタバ福袋買い占め連中「助けて!ヤフオクのいたずら入札が止まらなくて転売できない!赤字になっちゃう!」

いたずら入札が増えたため現在は別アカウントで出品しているのでしょうか。

ヤフオク!で「スタバ 福袋 2016」で検索してみると・・・

スタバ福袋買い占め2016

スタバ福袋買い占め2016

とある出品者の質問欄が凄いことに。

まとめ

今回の買い占め騒動では、スターバックス側の数量制限がかけられていなかったこと、購入者のモラルが主に問題となりました。

お店はお客様からの要求にどこまで応えるのか、お店側には売らない権利はあるのかなども気になるところです。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加