アナタの「UGGブーツ」は本物?偽物が出回っているのでネット購入は要注意!

「UGG」偽物を販売目的で所持 女ら逮捕

人気ブランドの「UGG」のブーツの偽物を、販売する目的で所持していたとして衣料品卸売会社の社長ら男女7人が逮捕された。

商標法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪市の衣料品卸売会社「NEWPORT TRADING」の社長で韓国籍の鄭慧林容疑者と従業員ら計男女7人。警視庁によると、鄭容疑者らは25日、会社で、人気ブランド「UGG」のブーツの偽物を販売する目的で所持していた疑いがもたれている。

鄭容疑者らは運営するネットショップの「TOKYO COVERS」で販売をしていて、会社からは偽物と見られるブーツが少なくとも500足、押収されたという。

鄭容疑者ら7人は調べに対し、「偽物とは知らなかった」などと容疑を否認しているという。

2015年11月27日 20:55配信 日テレNEWS24

UGGの偽物ブーツを販売する目的で500足以上所持していたとして逮捕者がでたとのニュースがありました。

人気ブーツUGGの偽物が大量に出回っているのは有名です。

あなたのUGGブーツは本物ですか?

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

偽UGGアグ オーストラリアの見分け方

「UGGアグ オーストラリア」の本物を見たことがない方でも本物か偽物かを判断しやすい8つのポイントです。

UGGアグ オーストラリアの公式サイトで偽物に関する注意喚起がなされていますので併せてご確認ください。

参考:UGG「偽造品に関するご注意」

1.生産国はどこか

「UGGアグ オーストラリア」の商品は、中国・ベトナム・イタリアのいずれかで生産されています。

2.偽物はお値打ち価格で販売されていることが多い

UGGアグ オーストラリアで販売されているブーツの価格は2万円以上しますが、偽物のブーツは1万円台で販売されていることが多いです。

激安価格だと明らかに偽物と分かってしまうため、2万円を切る価格で販売することで、購入者にとっては購入しやすくかつ本物らしさを印象づけることができます。

3.ショッピングバッグが付いてくる

ネット購入時にショッピングバッグが一緒に付いてくることはありません。

ショッピングバッグは実店舗で購入したときにだけ使用されます。

4.しっかりとした縫製か

ステッチが雑でガタガタだったり、糸の色がブーツ/シューズとあっていなかったり、縫い目がほつれている場合は、不良品を疑うより偽物の可能性大!

5.裏地が合成素材で出来ている

偽物の裏地は合成素材でできているので気づきやすいポイント!

6.ソールが堅い

偽物の靴底は堅く柔軟性がありません。

靴底が柔らかく曲がりやすければ本物です。

7.商品ラベルに商品画像がプリントされているか

正規品の商品ラベルにはバーコードと商品画像がプリントされています。

偽物はバーコードだけがプリントされている場合があります。

8.セキュリティラベルを確認する

ブーツや靴の左足やシューズの箱にセキュリティラベルがついています。

いくつか種類があるので確認の仕方はこちらからご確認ください。

UGGをネット通販で買うなら公式サイトで

UGGアグ オーストラリアのトップページ

UGG(R)公式サイト

ネット通販で購入する場合は、公式サイトで購入するのが安心です。

UGGブーツは高いですから、少しでも安く買えるところで…となってしまいますが、そこはグッと我慢して、公式サイトで購入しましょう。

公式サイトではセールも行っています。セールでは、3万円弱のブーツが2万円弱とかなりお買い得になっているので是非チェックしてみてください。

ネットで購入する場合は正規取扱サイトであるか確認を

UGGアグ オーストラリア正規取扱いサイト

UGGアグ オーストラリア正規取扱サイト

UGGブーツは、公式サイト以外でも販売されています。

公式サイトでは正規取扱サイトが紹介されているので、公式サイト以外で購入する場合は、正規取扱サイトであるかを必ず確認しましょう。

UGGブーツを始めて購入する場合はAmazonがおすすめ

UGGアグ オーストラリアAmazon
アグ オーストラリア UGG australia|Amazon公式ページ

UGG(R)公式サイトで購入することもできますが、UGGブーツの店舗が近くになく、初めての購入がネット通販になる場合は、アマゾンがおすすめです。

Amazonには、往復送料無料で自宅で試し履きができるサービスがあるので、サイズがあわなくて履くことができなかったという失敗がありません。

Amazonで購入する場合は「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されていれば、UGGアグ オーストラリアのAmazon公式サイトの商品になります。

Amazonには「Amazonマーケットプレイス」という、Amazonではなく第三者出品者・出店者が販売している商品があります。マーケットプレイスは正規取扱ではないので注意しましょう。

関連:ネットで靴を買うのは不安?往復送料無料のネット通販4店をご紹介!

偽物を買ってはいけない

偽UGGアグ オーストラリアのブーツは2万円を切った価格で販売され、本物っぽく見せ購入者の心理を上手くついてくる場合があります。

知らないうちに偽物を買ってしまっていたということにならないよう気をつけましょう。

履かなくなったUGGは買取に出してみては?

UGG(アグ)を買い取ってくれる宅配買取サービス「ブランドゥール」

楽天から偽物の商品が届いた場合は保護制度の利用を!

楽天で偽物をつかまされても泣き寝入りしない!購入者保護制度を利用しよう

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加