宅配便の2割が再配達!?配達日時が変更できる「配達通知メール」が便利

(産経ニュース)宅配便の20%が再配達…国交省が削減策の検討に乗り出す

宅配便の受取人不在で再配達となるケースが全体の19.6%に上ることが、日本郵便とヤマト運輸、佐川急便の大手3社の調査で分かった。近年のネット通販の拡大で宅配便の取扱量が急増したことが背景にある。国土交通省は、運送業者の負担増や配達料金値上げにつながる可能性があるとして、有識者らによる検討会を設置し、対策に乗り出した。

3社が昨年12月に実施した抽出調査では、宅配便約413万7千個のうち約80万9千個(19.6%)が1回目の配達で受け取られず、約3万6千個(0.9%)は3回以上の再配達が必要だった。

国交省によると、2013年度の宅配便取扱量は約36億4千万個。08年度から13.2%増えたが、運送業界は慢性的な人手不足となっている。トラックの走行距離が延び、二酸化炭素(CO2)排出量の増加につながる恐れもあり、国交省は早急な対応が必要と判断した。

国土交通省が宅配便の再配達削減へと乗り出したというニュースがありました。

ネット通販の拡大で宅配会社の取り扱う荷物は増加する一方、宅配便の20%がが再配達になっているようです。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

なぜ国土交通省が動き出したのか?

国土交通省によると主な理由は以下の通りです。

  1. 輸送トラックの排ガスを減らし二酸化炭素排出量を抑制するため
  2. 運転手不足・労働力不足

参考:国土交通省「宅配便の再配達に関するアンケート調査」へのご協力のお願い

アンケート結果から見えてきた再配達の理由

国土交通省では再配達に関するアンケートが2015年8月に実施され、その結果から再配達が発生する理由が明らかになりました。

1回目の配達で受け取れなかった理由は?

国土交通省のアンケート結果による主な理由は以下の通りです。

  1. 配達が来るのを知らなかった(41%)
  2. 配達が来るのを知っていたが、用事ができて留守にしていた(26%)
  3. もともと不在になる予定だったため、再配達してもらう予定だった(15%)

再配達に関するアンケート結果

資料:国土交通省 アンケート回答の状況について

配達時間の指定はしていましたか?

配達の日時指定をしていたかという問いには72%の人が日時指定をしていなかったと回答。

再配達に関するアンケート結果

資料:国土交通省 アンケート回答の状況について

配達の日時指定ができない場合がある

ネットショップによっては配達日時の指定ができない場合があります。

考えられる主な理由は以下の3つです。

コンビニ決済や銀行振込

コンビニ決済や銀行振込は、いつ支払いされるか分からないため日時指定ができません。

クレジットカードで支払う場合は注文時に決済が完了するので配達日時の指定ができます。

配達遅延によるクレーム

支払い方法に関わらず日時指定ができない場合もあります。

天候や天災・交通事情・ネットショップ/配達業者によるミス・システムトラブルによる遅れ・運送会社の都合などによって指定日に届かない場合クレームとなるため受けていないところもあります。

システムによるもの

ネットショップが利用しているシステムによっては細かくエリアごとに設定することができない場合もあると思います。

例えば午前中までの注文だと東京は翌日から配達日時の指定ができるような設定です。このような設定ができれば注文時に配達日時を受けることができます。

「配達予定メール」を利用して配達日時を指定する!

上記のように様々な事情により配達日時の指定ができない場合は宅配会社の「配達予定メール」を利用するのがオススメです。

荷物を受け取る側が配達日時を変更できる便利なサービスです。

通販会社が宅配会社へ荷物を引き渡すと、宅配会社が登録された受取人のメールへ連絡を入れます。

メールには配達予定日が記載されているので、都合が悪い場合は受け取り日時を変更することができます。

主要3社の配達予定メール

配達予定メールを利用するには事前に登録が必要です。

簡単に登録できるので登録しておきましょう!

ヤマト運輸

「お届け予定eメール」というサービスがあり配達日時の変更が可能です。

サービスを利用するには「クロネコメンバーズ」の利用登録(無料)が必要です。

公式サイト:ヤマト運輸「お届け予定eメール」

関連:LINEで配達日時が変更できる!ヤマト運輸がLINEと連携 – ますます便利に!

佐川急便

「配達予定通知メールサービス」で配達日時の変更が可能です。

サービスを利用するには「WEBトータルサポート」の登録(無料)が必要です。

公式サイト:佐川急便「配達予定通知メールサービス」

日本郵便

残念ながら「配達予定日時のメール」サービスはありません。

まとめ

日本では日時指定ができたり、何度でも再配達を無料でしてくれたりとサービスが充実しているため気軽に再配達を申し込んでしまいますが、海外では日時指定ができなかったり、再配達はしてくれなかったりということが先進国でもあります。

日本のサービスに慣れきっていると再配達は当然でその有り難さを忘れてしまいます。

運送会社の配達予定メールサービスは登録が簡単で便利なサービスなので是非チェックしてみてください。

宅配に関する記事はこちら

一戸建て用パナソニックの宅配ボックスは高かった。1万円以下の宅配ボックスを探してみた。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加