スピングルムーヴは履きやすさとオシャレを兼ね備えた国産スニーカー

スピングルムーブ

今回ご紹介するのは「スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)」というカジュアルに履ける大人かっこいいスニーカーです。

ユニセックスで流行に左右されないスニーカーは、余計なデザインを省いたシンプルなフォルム。

見た目やブランド名からヨーロッパのブランドかと思ってしまいますが、実は日本産スニーカーなのです。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)は国産スニーカー

スピングルカンパニー

スピングルカンパニー公式サイト

広島県府中市の「株式会社スピングルカンパニー」によって作られたこだわりの国産スニーカー。

パリコレクションやミラノコレクションでも取り上げられ実績があり、洗練されたデザインと履き心地を兼ね備えたスニーカーです。

Made in JAPANのスニーカー

街の職人によって一つ一つ手作業で作られた日本産スニーカーは、履き心地にこだわり日本人の足になじむよう仕上がっており、外反母趾の方にも履いて頂けます。

流行に左右されないシンプルなデザインは品よく、いつものコーデをワンランクアップさせてくれます。

そり上がったソール(靴底)がポイント

スピングルムーブ

スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)のデザインで目を引くのがそり上がったソール。

アッパーを包み込むようなソールは「バルカナイズ製法」によって作られています。

スピングルムーブ

「バルカナイズ製法」とは、ゴム底と靴本体を接着し、硫黄を加えた釜で熱と圧力をかける製法で、170年以上も前の1839年に、アメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが発明した、まさに“スニーカーの基本製法”なのです。

「バルカナイズ製法」は生産効率が悪く手間がかかるため数が減少し、今では「バルカナイズ製法」を行っているのは、日本でスピングルカンパニーを含めて3社と言われています。

素材へのこだわり

スニーカーにはあまり使われないような素材を積極的に取り入れオリジナリティを追求されています。

オリジナル商品の他に各種ブランドとのコラボ商品も発売され注目を集めています。

レディースのコーディネート例

スピングルムーブ

オレンジのアクセントが聞いたホワイトのスキーカー!カジュアルなダメージデニムにボーダーを合わせた定番スタイル♡バッグは引き締め効果のあるブラックでキチント感のあるデザインをチョイスすれば大人の都会派カジュアルが完成します!

スピングルムーヴ

スッキリしたシルエットのボーイフレンドデニムに爽やかなチェック柄シャツ、きちんと感のあるネイビーのジャケットを合わせたコーデ♡トップにダーク系の色が多いので足元はホワイトのスニーカーで爽やかさをプラス!

スピングルムーヴ

デニムシャツxベージュスカートの都会派カジュアルコーデ♡スカートは膝丈フレアーにしてもいいカモ!バッグでキリッと引き締めると大人っぽく綺麗めに仕上がります。

スピングルムーヴ

太陽の日差しに負けないぐらいカラフルなカラー!バッグやシューズはホワイトで爽やかさをプラスしました。

どこで購入できるの?

履き心地を確認して買いたいという方には販売店で

デパートやショッピングセンター、街の靴屋さんなど、意外と知らないだけで身近な所で販売されていたりするので、ぜひチェックしてみてください。

スピングルムーヴ店舗情報

オンラインショップでも購入できます

ネットで購入できる主なオンラインショップは以下の通りです。

楽天にはいくつかの取扱店があります。

mischief(ミスチーフ)さんでは「返品送料無料」のキャンペーンをされています。

参考:返品送料無料キャンペーン

実店舗が近くにない場合は、こんなサービスがあると助かりますね。

mischief(ミスチーフ)さんは群馬県の会社で実店舗もあります。

郵便局のHPにインタビュー記事が掲載されていて、スタッフの方やお店の雰囲気を伺うことができます。

参考:日本郵便インタビュー記事「有限会社ミスチーフ」

スピングルムーヴのサイズは、SS・S・M・L・XLと普通の靴に比べ細かくサイズが分かれていないのでネットでも購入しやすいと思います。

各サイトのレビューも多いので購入前のサイズ感などを参考に選ぶといいですよ。

関連:ネットで靴を買うのは不安?往復送料無料のネット通販4店をご紹介!

ソール(靴底)を修理してくれる

ソールがすり減ったら修理をしてくれます。

全国の公式取扱店またはスピングルの公式サイトからメールで依頼することができます。

愛着のある自分の靴を大切に長く履き続けることがきるのは嬉しいですね。

製造工程を知ることでもっと好きになる

スピングルカンパニーのシンボルマークには「bingo,japan」とあります。

これには2つの意味が込められていて、工場がある広島県の「備後(びんご)地区」のことと、スニーカーを購入した方が、満足のいく履き心地に出会えたときの喜びの「bingo!(当たり)」です。

一般的なスポーツメーカーのスニーカーに比べ16,000円~20,000円ぐらいの商品が多く気軽に購入できる価格帯ではありませんが、丁寧に手作りされている作業を見ると感じ方が変わるかもしれません。

素材・製法・地元へのこだわりを感じることができるハンドメイドスニーカーを是非チェックしてみてください!

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加