ココ山岡もOK!ダイヤモンドを売るなら買取本舗「七福神」を利用してみては?

七福神

20~30年前のダイヤの指輪は古くて売れないと思っていませんか?

ダイヤモンドのことを調べていたところ、ダイヤモンドの買い取りをしている「七福神」のサイトで「中古のダイヤモンドは存在しません!」というのを見つけました。

中古のダイヤモンドは存在しません!

中古ダイヤモンドというカテゴリはありません。
ダイヤモンドは常に金等と同じく古い・新しいはありません。ダイヤモンドは多種多様なデザインやブランドで奥深い魅力的な商品です。お客様の売買されたダイヤモンドも新しい鑑定書のもと新たなお客様へと流通していきます。初めて販売されたダイヤモンドはバージンダイヤモンドと呼ばれますが、再販売されたダイヤモンドであっても、その価値が下がる事はありません。

七福神のサイトによると「再販売されたダイヤモンドであってもその価値が下がることはない」とのことです。

せっかくダイヤの指輪を持っていても使っていないという人は多いと思います。

特に婚約指輪によくある立爪になったデザインだとフォーマル感が強かったり、ひっかかって使いづらいと感じて仕舞ったままになることも。

もう使わないダイヤモンドの指輪がある場合は売ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

買取本舗「七福神」

今回ご紹介する「七福神」は、東京・神奈川・埼玉・北海道に店舗があるダイヤモンドの買い取りを行なっている会社で、個人のお客さんだけでなく業者さんも利用しています。

メディアにも取り上げられたこともあり、フジテレビ「バイキング」にスタッフの方が出演されています。

ココ山岡も買い取ってくれる

七福神では、ココ山岡からメレダイヤ、ハリーウィンストンまで幅広くダイヤモンドの買い取りを行なっています。

ココ山岡は全国にチェーン展開していたダイヤモンドの販売会社でしたが、不況などの影響で債務超過に陥り自己破産、販売店は閉鎖されました。

「5年後買い戻し商法」という販売方法を行なっていたり、ココ山岡のダイヤモンド鑑定書が一般的なものと異なり独自のものだったり、あまり良いイメージがないという人もいると思います。

そのためココ山岡のダイヤモンドは売れないと思い込んでいるケースがあります。

ココ山岡で販売されていたダイヤモンド自体は本物なので、七福神ではココ山岡のダイヤモンドは全く問題ないと考えており、通常のダイヤモンドと同じように買い取ってくれます。

七福神のサイトには過去に買い取った商品の買取金額が案内されています。買取金額は相場によって変動しますが参考になりますよ。

例えばココ山岡の買取価格は以下のようになっています。

  • ダイヤモンドネックレス:220,000円
  • ダイヤモンドリング1.1ct:430,000円

宅配買取の流れ

買取方法は「宅配買取」と「店舗買取」の2種類あります。

近くに店舗がない場合は宅配買取が便利です。こちらでは宅配買取の流れをご紹介します。

利用は簡単4ステップです。

1. 宅配キットを申込む

七福神のサイトから無料宅配キットを申し込みます。

2. キットが届いたら商品を送る

商品と一緒に「宅配買取申込書」と「身分証明書コピー」を同封し着払いで送ります。

ダイヤモンドの鑑定書がなくても査定してもらえます。

通常、宅配便には30万円まで保険が適用されます。30万円を超える高額商品の保険加入は自己負担となります。

3. 査定

商品が到着後、当日中に査定され。メール等の希望の連絡方法で案内が届きます。

4. 振込または返却

査定額に納得した場合は指定口座へ振り込まれます。振込手数料は七福神の負担になります。

査定額に納得しなかった場合は返送してくれます。ただし返送の際の送料は着払いになります。キャンセル料や査定料は発生しません。

七福神はこんな人におすすめ

  • ココ山岡のダイヤモンドを売りたい人

無料で利用できる

七福神の利用で気をつける点は「高額商品の運送保険は自己負担になること」と「返送時の着払い」の2点です。

売るという気持ちが変わらず、30万を超えない商品を売るのであれば完全に無料で利用できます。

七福神のサイトには、今まで買い取った商品の金額が紹介されていたり、鑑定書の見方が詳しく説明されているので参考になりますよ。

ダイヤモンドには中古がないということなので、昔のダイヤの指輪は売れないかもと決めつけず査定に出してみてはいかがでしょうか。

買取サービスに関する記事はこちら

金・プラチナ・ダイヤを売るなら買取サービスのゴールドプラザへ!

LINE査定をしている宅配買取サービスまとめ【随時更新】

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加