新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシーを食べてみた。日本人が食べやすいスパイスカレーだった。

いつものカレーに飽きたのでスパイスの効いたレトルトカレーを買ってみました。

購入したのは、日本のカリー文化、発祥の店「新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー」です。

パッケージ画像から本格インドカレーではなく、いわゆる日本の定番カレーに本格スパイスが加わったカレーという印象だったので食べやすいかなと思って選びました。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

インドカリーシリーズは「伝統のカリーの味をご家庭で」というコンセプトをもとに、昭和2年から培われたレストランの調理技術により生み出された、香り高いオリジナルスパイスと圧倒的な具材感を堪能できる本格的レトルトカレーです。

じっくり炒めた玉ねぎや果物に、真空の状態で煮込んで旨みをとじ込めた厚切りビーフを加え、伝統のオリジナルスパイスでコク深く香り高いカリーに仕上げました。

やわらかビーフがさらに美味しくなりました。

新宿中村屋「インドカリー」ビーフスパイシーより

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

食欲がそそられるパッケージです。

日本人に馴染みのあるカレーに本格スパイスが加わってリッチ感のあるカレーに仕上がっています。

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

「辛味順位表」は、5段階になっていて「1」が甘め、「5」が辛めとなっています。

インドカリー ビーフスパイシーは「4」になっています。

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

通常のレトルトパウチに入っています。

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

カレールーをお皿へ入れるとスパイスの香りが広がります!

スパイスのバランスが絶妙で日本人の口にあうように作られています。

本格的なインドカレーやタイカレーは、日本のお米と一緒に食べるとあわないと感じるのですが、このカレーは日本のカレーがベースになっているので日本のお米によくあいます。

具は大きなジャガイモと牛肉が入っていて、多すぎず少なすぎず、ちょうどいいバランスです。

辛味度が「4」だったので、かなり辛めかと思っていたのですが、パンチはあるけど予想していたほど辛くありませんでした。

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー

美味しかったので早速ストック用に購入しました!

Amazonや楽天で購入できます

新宿中村屋のカレーはスーパーやドラッグストアで購入できます。

身近なお店で売っていない場合はAmazonや楽天で購入できますよ。

一般的なレトルトカレーに比べると価格は気持ち高めですが、インスタントで本格派カレーをお手軽に味わえます。

いつものカレーに飽きたら新宿中村屋のインドカリーを食べてみてはいかがでしょうか。

カレーに関する記事はこちら

S&B「噂の名店バターチキンカレーお店の中辛」を食べてみた。酸味がなく食べやすい!

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加