一戸建て用パナソニックの宅配ボックスは高かった。1万円以下の宅配ボックスを探してみた。

一戸建て用「宅配ボックス」で再配達率が49%→8%に パナの実証実験

パナソニックは2月24日、一戸建て約100世帯に宅配ボックスを設置する実証実験の中間結果を発表した。再配達率は49%から8%に減少したという。

実験は、福井県あわら市在住で共働きの106世帯に一戸建て用宅配ボックス「COMBO」を設置し、昨年12月にスタート。配送先が不在でも、宅配業者が荷物をボックスに入れて施錠し、伝票に押印できるようにした(関連記事)。

12月の利用状況について対象世帯にアンケートを実施したところ、1カ月間で299回の再配達を削減でき、設置前(10月)と設置後(12月)で再配達率が49%から8%に減少したという。

設置により、宅配業者の労働時間を約65.8時間、CO2排出量を約137.5キロ削減できたと想定している(荷物1個の配送作業に約13分の労働時間がかかり、約0.46キロのCO2を排出する計算)。

実験は4月まで行う予定。最終的に再配達率は8%前後になり、700回以上の再配達を削減できると見込んでいる。

2017年02月27日 10時51分 更新 IT media NEWS

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/27/news078.html

宅配業者が頭を悩ます再配達の増加。

この度、パナソニックが一戸建てに宅配ボックスを提供し実証実験を行なった結果、再配達率が49%から8%へ激減したとの発表がありました。

宅配ボックスへ入らない大きな荷物や冷蔵・冷凍食品、代引き、宅配ボックスが既に使用中になっているといったケースを除けば、宅配ボックスがあれば1度の配達で完了しますよね。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

パナソニックの宅配ボックス「コンボ」

実験で使われた宅配ボックスはパナソニック製の「コンボ」。

工事することなく設置できて、鍵付き、印鑑の押印機能が備わった宅配ボックス。

かなり立派な宅配ボックスなので、きっと値段は高いだろうと調べたところ、4種類ある宅配ボックスで一番大きいミドルサイズが約4万円で販売されていました。

ここまで高価だと宅配ボックスの利用者を増やすのは難しそうです。

1万円以下の宅配ボックス

パナソニックの立派な宅配ボックスは気軽に購入できる価格ではないので、1万円以下の宅配ボックスがあるか調べたところ「折りたたみ式布製宅配ボックスというのがありました。

こちらは折りたたみ式の宅配ボックスです。使わないときはコンパクトに畳んで仕舞っておくことができます。

サイズは「高さ350mm 幅500mm 奥行400mm」あるので、一般的な荷物であれば十分な大きさかなと思います。

ジッパー開閉になっているので鍵はないのかと思っていたのですが、鍵をかけることができるので安心感があります。

宅配ボックスの中にはシヤチハタを入れるポケット付きです。

荷物の持ち去り防止用ワイヤーは別売となっています。

宅配ボックスの表側フタに使い方の説明が貼付けてあるので配達員の方に分かりやすいと思います。

1万円以下の宅配ボックスを探している方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

宅配に関する記事はこちら

宅配便の2割が再配達!?配達日時が変更できる「配達通知メール」が便利

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加