ユニクロのネット通販が2017年中にも首都圏で即日配送開始

「ユニクロ」ネット通販、年内にも首都圏即日配送

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日、産経新聞の取材に応じ、傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」のインターネット通販で、年内にも首都圏で即日配送サービスを始めることを明らかにした。衣料品業界ではアマゾンジャパンや通販サイトの「ゾゾタウン」などネット通販が台頭しており、サービスの強化で対抗する。ファストリは将来的に、こうした電子商取引(EC)の売上比率を現在の5%から30%に引き上げる方針だ。

柳井氏は「プライベートブランド(PB、自主企画)商品も展開しており、将来的にはアマゾンが大きなライバルになる」と危機感を示した。ユニクロはネット通販でコンビニエンスストアのセブン-イレブンと提携し店頭受け取りサービスを展開している。柳井氏はファミリーマートやローソンでのサービス展開を検討していることも明らかにした。月内にも提携合意する方向で調整している。

現在、ユニクロはネット通販で商品を5千円(税別)以上、購入した顧客には無料で2~5日後に、一部地域で翌日配送している。東京・有明に新設した物流センターが今春に本格稼働するのに伴い、首都圏で即日配送を始める。

有明の物流センターは人工知能(AI)や膨大な情報を分析できる最先端システムが導入されており、発送業務を大幅に効率化できる。全国で即日配送サービスを展開できるよう、システムの導入を拡充する。

2017.1.6 05:00 産経ニュース

http://www.sankei.com/economy/news/170106/ecn1701060002-n1.html

ユニクロのネット通販が2017年中にも首都圏で即日配送サービスを始めるとのニュースがありました。

即日配送をするには別途送料がかかるのか、それとも今までと同じ送料で即日配送されるのか具体的なことは分かっていません。

現在ユニクロの配送は、注文日の翌日から2~7日前後でのお届けとなっていて、商品が届くのが遅いと感じている人もいると思います。

首都圏の即日配送もいいですが、それよりも現在2~7日のところを注文日の翌日~3日前後でのお届けになる方が喜ばれそうな感じがします。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

運送会社のドライバーさんは大変

Amazonのようなスピーディーな発送に慣れると、注文日の当日または翌日に発送されないと「遅い」と感じることはありませんか。

特に急いでいなくても注文した商品が早く届くのは嬉しいです。消費者にとっては有り難いですが、運送会社のドライバーさんは大変です。

記憶に新しいところでは、佐川急便のドライバーさんが荷物や台車をたたきつける動画がネットで話題になりテレビ番組でも取り上げられていました。

お客様の荷物をたたきつける行為は許されるものではありませんが、ドライバーさんの仕事は大変です。

即日配達しても不在だったり、不在票をポストへ入れたにも関わらず連絡がなく毎日届けに行ったり、宅配ボックスがいっぱいだったり、居留守だったり、荷物が多すぎて日時指定通りの配達ができずお客様からお叱りを受けたり。

再配達は何度でも無料なので受け取る側も「まあいっか」となってしまいがちです。再配達は3度目ぐらいから有料にするとか何かしら対策が必要かもしれません。

働いている人の幸福度

企業が消費者に提供している低価格は「誰か」の犠牲の上に成り立っていると感じます。

企業は本来なら消費者に商品やサービスを提供し買って頂いて差額分の利益を得るのが普通だと思うのですが、価格が高いと消費者は購入しないため、取引先や下請け泣かせをしたり、働いている従業員の人件費を抑えたりサービス残業や長時間労働をさせ実質的な賃金を下げることで利益を得ていることに疑問を持ち始めている人が増えてきているように思います。

消費者からすると、ネット通販は送料がネックになってしまいますが、消費者が送料を支払い、ドライバーさんへ還元され、運送会社は荷物の取り扱いが増えれば新たに人を雇うことで雇用も生まれていい循環になりそうなのですが、消費者もお給料は増えなかったり、雇用が不安定だったり厳しい状況だと感じます。

消費者は安く購入できて、ささやかではありますがハッピーな気持ちになります。しかし従業員やドライバーさん、コンビニの店員さんからは幸福感を感じません。

即日配達を必要としている方もいるでしょうし、利便性を追究することはいいのですが、仕事は大変なのにお給料は安いという状況から仕事は大変だけど仕事に見合ったお給料をもらえる状況になるといいなと思います。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加