ハミガキ・フロス・歯間ブラシの順番は?歯医者さんで聞いてみた

歯医者に歯石除去をしに行ったときに「ハミガキ」「歯間ブラシ」「デンタルフロス」の順番についての話しになり、歯医者の先生がオススメする順番を教えてもらいました。

今まで自己流でやっていたのですが間違った順番でした。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

ハミガキは最後

通っている歯医者さんで勧められた順番はこちら。

歯間ブラシ → デンタルフロス → ハミガキ

自己流でしていた順番はこちら。

ハミガキ → デンタルフロス → 歯間ブラシ

フロスや歯間ブラシはハミガキをした後の仕上げという感覚で使っていました。

歯医者さんによって意見が違う場合がありますので、ご自身が通っている歯医者さんの指導に従ってください。

購入はドラッグストアで

歯間ブラシやデンタルフロスはドラッグストア購入できます。

使い終わった後に洗って乾かして複数回使っています。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯のすき間の大きさによって何種類かブラシのサイズを使い分けています。

すき間の大きさに合っていないブラシを無理矢理ねじ込まず、すき間に合ったサイズを選ぶことがポイントです。

歯間ブラシ

掃除をするときは、上下に動かしたり、外側と内側の両方から掃除したり、歯の側面を掃除しています。

デンタルフロス

小林製薬の糸ようじ

デンタルフロスも糸の太さによって歯と歯の間に入りやすかったり、入りにくかったりするので2種類を使い分けています。

GUMフロス

サンスター「GUM」のフロス。

こちらの特徴は、糸がピーンとはっているのではなく、ゆるめに張ってあるところです。

一見、掃除しにくそうに見えるかもしれませんが、糸はしっかりしているので使いやすいです。

dental-care-16117d

小林製薬の「糸ようじ」。

こちらは6本の細い糸がピーンと張った状態になっています。

歯と歯の隙間が狭いせいか「糸ようじ」を使うと糸が切れてしまうことが多いので「GUM」をメインに使って、こちらはサブ的に使っています。

歯と歯の間がスッキリ

歯間ブラシとデンタルフロスを使うと、歯磨きだけでは取り除くことができない汚れが取れて口の中がスッキリします。

まだ使ったことがない人は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加