【ヤマト運輸】AIを使いLINEで荷物問い合わせがよりスムーズに!

ヤマト運輸は、LINE公式アカウントに会話AI(人口知能)を用いた荷物問い合わせ機能を追加したとの発表がありました。

サービス開始は、2016年6月27日(月)です。

2016年1月にヤマト運輸は、スマートフォンアプリLINEを使ったサービスの提供を開始していました。

関連:LINEで配達日時が変更できる!ヤマト運輸がLINEと連携 – ますます便利に!

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

AIを使いLINEで荷物問い合わせがよりスムーズに

ヤマト運輸LINEサービス

今回新たに追加された機能は、LINE上で荷物の問い合わせができるようになったこと。

LINE上で荷物の問い合わせをすると、会話AI(人口知能)が回答してくれます。

「AI」というのをテレビやネットなどで見たり聞いたりすることが増えましたが、どういう意味なのでしょうか?

AIとは

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。

AIとは – IT用語辞典

LINEで問い合わせをすると、ロボットが回答してくれるので、会話をしているようになるそうです。

今までLINEで提供されていたサービスは、「荷物の問い合わせ」「集荷の依頼」「再配達の依頼」でした。

荷物の問い合わせ機能は既に提供されていたのですが、利用する場合は、ヤマト運輸のWEBサイトへ移動する必要があり、「LINE」の中だけで完結してほしいという要望がユーザーからあったとのこと。

今年1月にLINEでサービスが開始されてから半年で、ユーザーの声を元に改善されているのはスピーディーな対応ですね。

ヤマト運輸は、今後もLINEを使ったサービスを拡充して行くとのことです。

宅配便の再配達問題についてはこちら

宅配便の2割が再配達!?配達日時が変更できる「配達通知メール」が便利

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加