早く買えばよかった!GCプリニアスマート電動歯ブラシを買ってみた

みなさんは、手磨き派ですか?それとも電動歯ブラシ派ですか?

わたしは今まで手で磨いていました。

以前、ポイントを貯めて電動歯ブラシと交換して使ったことはあったのですが、手磨きの方が磨きやすいと感じたので、電動歯ブラシはほとんど使いませんでした。

先日、歯医者さんで磨き残しチェックをしてもらったのですが、結構汚れていて先生に電動歯ブラシを勧められました。

「電動歯ブラシで本当に歯が綺麗に磨けるの?」と疑問に思っていたのですが、先生ご自身も電動歯ブラシを使っていらっしゃるようで、きれいになると言われ、電動歯ブラシの購入を検討し始めました。

いろいろな電動歯ブラシを比較した結果、納得のいく電動歯ブラシを購入することができました。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

GC(ジーシー)プリニアスマートの電動歯ブラシ

GCプリニアスマート

GC(ジーシー)という聞き慣れないメーカー名ですが、歯科では有名な大手メーカーのようです。

いろいろ比較して、こちらの電動歯ブラシに決めました。

プリニアスマートを買った理由

この電動歯ブラシの購入を決めた4つのポイントです。

1. 予算は1万円まで

自分の中で電動歯ブラシにこのくらいまでなら出せるという価格が1万円まででした。

2. 歯が削れないこと

こちらの電動歯ブラシは、音波振動なので歯が削れないとのこと。

歯医者の先生から、歯磨き粉には研磨剤が入っていて歯が削れるので歯磨き粉は使わない方がいいと言われました。使うなら液体がいいと。

3. 歯ブラシが3種類ある

プリニアスマートの電動歯ブラシには3種類の歯ブラシがあります。

  • ステインオフブラシ」は、お茶やコーヒーなど歯に沈着したステインを歯を傷つけずに除去してくれます。
  • カーブフロートブラシ」は、プラーク(歯や歯茎に付いた細菌の塊)を効率的に除去して磨いてくれます。
  • ワンタフトブラシ」は、通常の歯ブラシより小さい歯ブラシで奥歯や歯並びの悪いところを磨くことができます。

親知らずを抜いていないので、奥歯は極細ブラシで磨いています。電動歯ブラシでこのような歯ブラシがあると助かります。

4. パナソニックが作っているので安心感がある

プリニアスマートの電動歯ブラシを製造しているのは「パナソニック」です。

日本のメーカーが製造しているので故障する割合が海外メーカーに比べ低いかなと。

届いた商品はこちら

GCプリニアスマート

こちらが全アイテムです。

GCプリニアスマート振動は、ノーマル・ソフト・スーパーソフトの3種類から選択することができます。

GCプリニアスマートコンパクトなので場所をとりません。矢印部分のところは取り外しができ、なくても本体は自立します。

GCプリニアスマート替え歯ブラシ

替え歯ブラシも一緒に買いました。極細はブラシは、パナソニックから発売されている電動歯ブラシ「ドルツ」と互換性があるようで、そちらを購入しました。

使って分かった良かった点

  • 断然、手磨きより汚れが落ちます。もう手磨きには戻れません。
  • 短時間できれいになります。メーカーの説明では2分となっていますが、まだ慣れていないのでその倍ぐらいの時間をかけているかも。手磨きの時は、朝昼は数十秒程度、夜はお風呂に入りながら10分ぐらい磨いていました。
  • 機能がシンプルで使いやすい。

まだ慣れていない点

  • 太くて重たい。当たり前ですが、手磨き用の歯ブラシに比べると太く持ちにくいです。重さも結構あるので持っているだけで手が疲れます。
  • 音が怖い。歯医者を連想するような音でした。歯医者で聞くキーンとした高い音ではなく低い音です。

購入を検討したその他の電動歯ブラシ

GCのプリニアスマート以外で購入を検討した電動歯ブラシについてまとめておきます。

歯医者の先生が使っているのはフィリップスのソニッケアー

歯医者の先生はどんな電動歯ブラシを使っているか伺ったところ、「フィリップスのソニッケアー ダイヤモンドクリーン」を使っているとおっしゃっていました。

このことを聞いたとき「わたしも同じのを買おうかな」と考えていたのでした。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンの価格に驚いた!

ソニッケアーの電動歯ブラシについて調べて驚いたのが価格。

なんと2万円以上するのです。

電動歯ブラシってこんなに高価なのですね。

電動歯ブラシは、安いもので2,000円ぐらいで、高いものでも1万円ぐらいかなと思っていました。

Amazon限定お買い得モデルがある

なんとAmazonには「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」のお買い得モデルがあります。

Amazon限定で価格は2万円以下となっています。

ソニッケアー は耐久年数が短そう

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」のレビュー(主にAmazon)を確認したところ、気になったのが「壊れやすい」という意見が多かったこと。

しかも、壊れた時期が早いのです。半年だったり、1年だったり、2年だったり。

壊れやすいという理由からか分かりませんが、メーカー保証は2年と長めになっています。

一番困るのが、2年の保証期間終了直後に壊れること。

さすがに10年使おうとは思っていませんが、2万円の電動歯ブラシが2年ちょっとで壊れてもらっては困ります。

ソニッケアーは、歯がツルツルになると電動歯ブラシとしての評判は非常に良いのですが、マシーンの耐久年数が日本のメーカーに比べ短くトラブルが起きやすそうな印象を受けました。

ソニッケアー は替え歯ブラシが高い

もう1つ気になった点は、替え歯ブラシの値段が高いと感じました。

替え歯ブラシが高いからという理由で、状態の良くない歯ブラシを使い続けたりしてしまいそうなので、無理しないことにしました。

Amazonでキャッシュバックキャンペーン!

ソニッケアーでは、Amazonでの購入限定でキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行なっています。

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」の購入を検討されていた方には、お安く購入できるチャンスですね。

参考:フィリップス ダイヤモンドクリーン キャッシュバックキャンペーン|Amazon

プレゼントにもオススメ!

電動歯ブラシを購入しようと決めたところで悩むのが、どの電動歯ブラシを買うかです。

購入するにあたってのポイントも人それぞれ違うと思いますので、予算や機能を考えながらご自身にあった電動歯ブラシを見つけて下さい。

予算1万円ぐらいで母の日や父の日のプレゼントを考えている人にもオススメです。

デンタルケアに関する記事はこちら

ハミガキ・歯間ブラシ・フロスの順番は?歯医者さんで聞いてみた

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加