ユニクロが値下げしていた!知らない人が多く客足戻らず

ユニクロ、値下げでも客戻らず 3月値上げ後遺症 

売上高0.3%減、前年実績3カ月ぶりに下回る

ファーストリテイリングが4日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の3月の国内既存店客数は前年同月比8.6%減だった。売上高も0.3%減と前年実績を3カ月ぶりに下回った。客足を回復させようと2月上旬から一部の商品を値下げしたが、2度の値上げで薄れた「低価格」イメージは簡単には取り戻せない。値上げの後遺症に悩まされる姿は企業の価格戦略が転機を迎えていることを映し出す。

「この商品は平日も週末も、毎日お買い求めやすい価格に見直しました」――。オックスフォードシャツやジャケット、チノパンなど定番商品の売り場に、こんな販促用の看板が並ぶ。ユニクロは2月上旬、一部商品を300~1000円程度値下げした。

(中略)

だが、一度他社に流れてしまった客を取り戻すのは容易ではない。ユニクロを利用していた30代のある男性は「値下げしたことを知らなかった」という。

機能やデザインで付加価値を高めた商品は、その分だけ値上げをしても客は逃げないはず。今回の値下げには、十分に付加価値を高められていない商品まで値上げした結果、客が離れてしまったとの反省もある。今後の価格戦略次第だが、今のところ消費者の間に「ユニクロは安くていい商品が並んでいる」というかつての印象が戻ったとは言い切れない。

ユニクロが値上げで失速している間にライバルは息を吹き返した。しまむらが4日発表した16年2月期の連結決算は3期ぶりに増益となり、3月の既存店売上高も11.8%増と好調だ。

しまむらの1商品あたりの単価は900円以下。客単価は2600円強にとどまり安い製品に強い。野中正人社長は「消費者は潜在的に安い製品を求めている」と業績回復の要因を説明する。

多くの企業で賃上げが抑えられるなか、消費者は品質と価格のバランスをこれまで以上に厳しく見極めるようになっている。外食や携帯電話でも値下げや割安な商品が広がっている。

アベノミクスのデフレ脱却と足並みがそろっていたユニクロの値上げだが、物価上昇を景気改善につなげる手法は行き詰まりも見える。3月の実績を底にできるかどうか。ユニクロの正念場が続く。(岩戸寿)

2016/4/4 20:31 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04IHY_U6A400C1TI1000/

ユニクロが値下げをしていたことをご存知でしたか?

度重なる値上げにより客数減&売上減のユニクロですが、客足を回復させようと2月以降、定番商品を中心に値下げしていたようです。

ユニクロの商品を頻繁にチェックしている方は気づいたかもしれませんが、知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

今までは週末に安くなるという販売スタイルでしたが、今後は週末セールを縮小し「いつも安い」をアピールしていくようです。

しかし、せっかく値下げしたものの、値下げしたことが知られていなかったり、最近のユニクロは高いというイメージがすでに浸透していたり、お客さんが戻っていないようです。

消費税増税後、買い控えや余計なものは買わない傾向になり、購入する場合は、商品の品質や価格をしっかり吟味した上で購入を決める人が増えたと感じます。

記事にあるように、十分に付加価値を高められていない商品まで値上げしたことが客離れの要因になっていると思います。

消費者は品質と価格のバランスに敏感です。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

しまむらは好調

一方「しまむら」は好調で、安い商品が売れているようです。

しまむらをパトロールする「しまパト」という言葉が出来るほど人気で、SNSにはみんなの戦利品がズラリ。

しまむらはオンラインショップはありませんが、先日「H&M」のオンラインショップがオープンしました。

関連:【今だけ送料無料】H&Mのオンラインショップがオープン!

店舗での販売が中心だったファストファッションブランドがオンラインショップに力をいれることでユニクロにも影響があるかもしれません。

離れてしまった消費者はユニクロに戻るのでしょうか。今後に注目です。

ユニクロの関連記事はこちら

ユニクロのネット通販が2016秋から翌日配送へ

最近ユニクロ高くない?度重なる値上げにより国内の客離れ懸念

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加