義援金と支援金の違いは?被災者に届けたいなら「義援金」

4月14日に熊本を中心に発生した地震により、家族や住む家をなくされた方々を見て、募金をしようと考えている方もいらっしゃると思います。

コンビニやショッピングセンター他、様々な企業や団体で募金の受け付けが開始されています。

身近な場所で募金ができるのは助かりますが、集まったお金は誰へ届けられるのか、そしてどのように使われるのかを知らないまま募金をされている方もいらっしゃると思います。

せっかく募金をするのであれば、できるだけ信頼できるところへ、そして誰へ届けられるのかを確認してから募金をされる方がよろしいかと思います。

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

被災者に直接配分されるのは「義援金」

「義援金」は、集まった募金を全額、被災者に分配する仕組みになっている。

日本赤十字社、赤い羽根共同募金をはじめ、テレビ局や企業、自治体が呼びかけ役を担って募金を募る形がとられる。

 募金の配分に関しては、公平・平等を期すために、「義援金配分委員会」という地方公共団体、日本赤十字社、マスコミなど関係機関で構成された公的組織が設置され、そこで決められる。

 難点は、義援金配分委員会による公平・平等な配分方法が決定してからになるため、被災者のもとに配分が届くのは少し時間がかかってしまう。

義援金と支援金はどう違うのか? 知っておきたい善意の行き先

支援活動を行う団体や機関の活動資金になるのが「支援金」

「支援金」は、集まった募金は、NPOやNGOなどの機関・団体が、被災地において活動するための資金として利用される。

 どういうことかといえば、自身が賛同できる救援活動をする機関・団体に対して「直接支援活動に参加できない自分の代わりに、そちらの団体で被災者の役つ立つ使い方をしてください」という意味合いを込めた寄付となる。

 こちらの難点は、支援金を募っている団体が信用でき、被災者の役に立つ活動をしているのかを、募金者が見極める必要が出てくる点だ。

義援金と支援金はどう違うのか? 知っておきたい善意の行き先

ピンハネ問題

集まった募金すべてが寄付されるのかと思っていたら、手数料を差し引いて寄付をされるケースがあります。

「日本赤十字社」への寄付を進める方をよく見かけるかと思いますが、その理由は、全額被災者へ届けられるからです。

■ 義援金《全額を被災者のもとへお届けします。》

日本赤十字社にお寄せいただいた「義援金」は、被災県に設置される義援金配分委員会に全額送金され、同委員会で定める配分基準に従って被災者へ届けられます。

義援金が国や自治体が行う復旧事業や、日赤の災害救護活動・被災者支援活動などに使われることは、一切ありません。

日本赤十字社 よくある質問

様々な企業や団体が募金を募っています。「寄付先」が日本赤十字社となっていても、手数料を差し引いて寄付される心配があるという理由で日本赤十字社へ直接寄付することを進める方が多いのです。

募金詐欺に注意!

残念ながら善意に漬け込んだ募金詐欺があります。

オンライン・オフラインに関わらず必ず確認した上で募金をするようにしましょう。

***

募金をするときに一番気になるのが「被災者へちゃんと届くのか」ということではないでしょうか。

経由することで手数料が差し引かれるケースがあるということを知った上で、どこへ募金するかを決定されてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい】

【熊本地震】海外メディアの報道【動画】

スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加