ベタつかない焼きそばを家で作りたいなら「ガッテン流焼きそば」がオススメ!

ちゃちゃっと作れて簡単な焼きそば。

これから一人暮らしを始める人や簡単ランチにもおすすめなメニューです。

だけど家で作った焼きそばってベチャとなってしまうと悩んでいる方は多いのでは?

作るのは簡単だけど美味しく作るのは難しい!

家でも美味しい焼きそばを食べたいと思って、色々調べて試してみた結果、誰でも簡単にできる作り方を見つけたのでご紹介します。

フライパンとフタさえあれば出来るのでぜひ試してみて下さい!

スポンサーリンク
レクトアングル(大)

「ガッテン流焼きそば」で焼きそばがもっと美味しくなる

焼きそば

「ガッテン流焼きそば」は、NHKの人気番組「ためしてガッテン」で紹介された作り方です。

「ためしてガッテン」の作り方の特徴は、どのくらいの時間、どの火加減で炒めるかが記載されているところです。

いろいろ試して感じたのが、火加減によって味がすごく変わるということ。

例えば、有名レストランのシェフのレシピ通りに作ったとしても、シェフが作ったものと同じ味にはなりませんよね。

もちろん、使っている材料や調理器具がプロと素人では違うというのはありますが、火加減がすごく大事だということを感じました。

その料理にあった火加減で調理することで、より美味しくなります。

プロとは比較になりませんが、いつもの材料と調理器具で作れる最大級の美味しさという感じです。

火加減を考えずに作った料理と比べると同じ材料と調理器具でここまで違うのかと驚きます。

「ガッテン流焼きそば」のレシピ(1人分)

【材料】

  • サラダ油…小さじ1
  • 蒸し麺…1袋
  • 豚肉…30~40グラム
  • キャベツ…40~60グラム
  • お湯…40ミリリットル
  • ウスターソース…大さじ1.5

【作り方】

  1. 火をつけていないフライパンにサラダ油をひく。
  2. 麺をそのまま乗せてから火をつけ、中火で2分加熱する。
  3. 麺をひっくり返したらフライパンの開いているところで豚肉を焼く。
  4. 豚肉が焼けたらキャベツを麺の周りに乗せる。(この間1分)
  5. 熱湯を麺にかけるように入れすぐにフタをして強火にし、1分30秒加熱する。
  6. パチパチ音がしたらフタを開けソースをかけまぜたらできあがり。(この間30秒)たった5分でおいしい焼きそばができます!

※ソースは液体であればしみ込みますので、粉ソースなどは少量の水に溶いてお使いください。とろみソースは、水または少量のウスターソース、しょうゆなどを加えてとろみを抑えた方がしみ込みます。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/recipes/R20080514_03.html

作り方を見ると、いわゆる普通のレシピとは異なり、火の強さと、何分過熱するかが細かく記載されています。

最初は時間を計りながらするのは大変だし面倒だなと感じるかもしれませんが、だいたいで大丈夫なので、レシピ通りに作ることをオススメします。

調理を始めるときに、フライパンを火にかけるのか・かけないのか、火にかけるとしたら強火なのか弱火なのか、フライパンには油を入れるのか入れないのか、フライパンは何分/何秒あたためるか、調理中の火の強弱など適当にやっていましたが、正しい火加減で作ることで、いつもの料理がグッと美味しくなります。

ソースを変えたり!ブレンドしたり!

いつものソース焼きそばに飽きてしまったら、違うソースを試してみたりブレンドすると味が変化して美味しく食べることができますよ!

東日本で使われているソース

関西のソース

広島のソース

ピリ辛ソース

色んな味の焼きそばレシピ

「ガッテン流焼きそば」の作り方をマスターしたら、色々な味の焼きそばに挑戦してみてはいかが?

こちらではオススメレシピをご紹介します。

塩焼きそば

焼きそば

大人気!野菜たっぷり塩焼きそば

塩焼きそばはこのレシピが一番好きです♡レモンをかけるとさっぱりして美味しい!

ピリ辛焼きそば

焼きそば

ピリ辛焼きそば

豆板醤がピリッときいたオイスターソースの焼きそば。いつもと違った味を楽しみたい方にオススメです!

本気で料理を習いたいならRIZAP COOKがおすすめ

「結果にコミットする」でおなじみの RIZAP (ライザップ)が料理教室をオープンしたのをご存知ですか?

ライザップの料理教室【RIZAP COOK】は、一流の料理人がマンツーマンで指導してくれるコミット型になっています。

RIZAP COOKの最大の特徴は、オーダーメードのレッスンを受けることができる点です。

料理教室で用意されたコースやレシピにそった指導ではなく、自分が習いたいことを学べます。

たとえば、料理の火加減をどうすればいいか分からない場合は、そいうことを伝えることができますし、中華料理をレベルアップしたい人、低糖質レシピを学びたい人など、先生と生徒の1対1でレッスンを行なうので、その人にあったレッスンを受けることができます。

一般的な料理教室は、先生一人に対し複数の生徒がいたり、すべての行程を自分で行なうことができなかったり、先生が料理しているところを見ているだけだったりと様々ですが、ライザップのようにオーダーメードでのレッスンを受けることができる料理教室って意外と少ないですよね。

全行程を自分で行なうことでしっかり身に付きます。

オーダーメードの料理教室なので、通常の料理教室に比べ割高になりますが、自分の習いたいことをプロの料理人が教えてくれるという点で価値があると思います。

無料体験もあるので、まずは参加してみて自分にあうか確認してみるといいですよ。

真剣に料理の腕を上げたいと考えている人はRIZAP COOKをチェックしてみてはいかがでしょうか。

プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】


スポンサーリンク
レクトアングル(大)
レクトアングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加